五線が書ける定規

大学ノートに五線を書けると便利なのになぁ~と

皆さん考えているようで、五線のスタンプ、五線のボールペンなど
色々発売されているわけですが

先月、アマゾンで↓の定規を購入しました!

学生時代から、時々音符は書きたい、でもまとめるなら普通罫線の大学ノートの方が便利!
というパターンが多く、でも五線って書くのに手間取るから、
結局、五線の書かれている音楽ノートの、五線の間を縫って説明や解説を書かざるを得ない。。。
もちろん方眼紙に同じ幅で五線を書くのも有りですが、どうも馴染めず・・・

4月から開始したグループコースでは、聴音用のノートは各自、音楽ノートを準備。
その時の課題のスケールを毎週書いていくノートは、鍵盤付の音楽ノート。
そして、楽典の内容をまとめたテキストを毎回配布することになっていて、
既に5回目までは作成済み。
でもテキストは簡潔に作ってあるので、今後はそれを元に、それぞれでノートを作っていくことになりそうです。そこで大学ノートに説明を書いて、五線譜を自分で必要な場所に書けるグッズは出ていないものかと思っていたところに

s-2016-05-12 13.49.58
↑線を引いてみると、こんな感じ。

私の心が曲がっているのか、ちょっと曲がり気味ですが、大学ノートにちょこっと音符を書くには便利かな。
スタンプだと、乾くのに時間がかかるし、スタンプ台もいるので、あらかじめ読譜のためのグッズを作る時は便利なのですが、大学ノートには向かないし、五線のボールペンは貸りて数回練習したのですが、不器用なのかうまく書けないことがあって(5回チェレンジして2回成功!勝率悪い・・・)

しばらく、この定規を使ってみようと思います。

この記事にコメントする

google検索

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン