ピアノコース

対象

3歳前後~大人まで

レッスン形式

40分の個人レッスン
年間42回(発表会・室内楽レッスンを含む)
4ヶ月毎に配布するレッスンカレンダーに準ずる

レッスン料

入会金1,000円(その他楽譜代が2,000円程度かかります。)

1回40分レッスン  月7,000円(導入レベル)

詳細はお問い合わせ下さい。

使用楽譜

主教材

バスティンピアノパーティ
バスティンピアノベーシックス
バスティン中級レパートリー
ブルグミュラー25の練習曲
ピアノの練習ラジリティー
ソナチネアルバム
プレ・インヴェンション
インヴェンションとシンフォニア
など

特徴

最初から両手で演奏

「右手だけの曲を10曲練習してから左手だけの曲を10曲…ようやく両手の曲になったら、合わせられなくてピアノを辞めた」

私の小さい頃、こういったお友達はたくさんいました。
教室では、最初から両手での演奏をします。
それが幼児のグーモーション(手をグーにして演奏する=小さい幼児が指を痛めず、演奏に重要な手首の柔軟さを会得するための練習方法)でも、両手で鍵盤のかなり広範囲を演奏します。
最初から両手で始めるので、自然と『ピアノは両手で弾くものだ』という意識も持ちます。

読譜指導について

従来の指導方法、鍵盤をドから数えるのではなく、ラやソなどをすぐに見つけられるように鍵盤の場所を指導します。これによりポジション移動を安易になります。鍵盤の位置を完全に覚え、音の上がり下がりを練習し、その後、五線譜の読み方へと移っていきます。
五線譜の指導は、ヘ音記号とト音記号が一緒になっている大譜表で行うので、ト音記号は読めるけどヘ音記号が読めないということはありません。(むしろヘ音記号の方が得意になる生徒が多いです)
五線譜を体感して動いて感じるために、大譜表の上を歩いて音の動きを理解します。

合奏を容易にするために

連弾や室内楽への導入として、バスティンパーティとベーシックスではMIDIによる伴奏と合わせる練習を行っています。
一定のテンポで演奏する習慣がつきます。
テンポを変えて演奏したり、ピッチを変えて移調して演奏します。
またブルグミュラー、ソナチネアルバムは2台のピアノ用楽譜を用い、合奏を楽しみながら進めます。
毎回、何かと合わせる練習をしているので、室内楽レッスンも余裕をもって取り組めます。

レッスングッズを使い楽しく!

子供達はレッスングッズが大好きです。
これらのものは、遊んでいる感覚でたくさん行え、楽に理解することのできるピアノレッスンに欠かせないものです。
また、指先、手首を使うものが多いので、指を自然に鍛えてくれます。
詳しくは「レッスングッズ」をご覧下さい。

Comments are closed.

google検索

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン