音程アプリで聴音の導入




最近、レッスンで盛り上がっているのが、iPadやiPhoneで使えるバスティンの音程アプリです。

音程のお勉強はもちろんなのですが、「音声を聴く」というのがあって「何度かな?」と聞いたら

「ラ・ド」と音名で元気に答える生徒さんが続出!

幼児だと、2度3度より、音名で聴こえてきて、質問の意味もイマイチ?でこのような回答になるのだと思います。

そこでせっかくなので、音名で答えることにしてみました。
前後兄弟の生徒さんたちだと、3人、4人くらいいますので、みんなで音名を答えます。
みんなが答えられたら、私が2や3のボタンを押して先の問題を出すようにします。

もちろん私がピアノで弾いて、答える、という方法もとっていたのですが、1分しかできない、1分で何問できたか、が表示されるのが良いようで、目新しさもありこちらの方が評判が良いです。

これでどれくらい音名が聴けているか1分で分かるので重宝しています。
音名さえ分かっていれば、マグネットに移行して聴音ができます。

この「おんぷマグネット」は今はアマゾンで購入できます。
今ではレッスンに欠かせないものに。
保持音の勉強にも使えます。

さてアプリに戻りますが、このアプリ正しい使い方、音程の練習もとても便利ですよ!

音程カードだと音が出ないのですが、アプリだと音が出るので効果が高いと思います。
1分で音程カード何枚できるか、というゲームをご自宅でしてきてもらっている年長になったばかりの男の子は、覚えてしまっていて100枚を超えているそうです。
そういう時にこのアプリを使用してもらうと、バリエーションも多いですし音の鳴るし、更に自宅練習の効果があがりそうです。

最初、1度~3度まででお勉強して、少しずつ度数を増やしていっています。

とっても便利で効果的なアプリなので、レッスンだけではもったいない!
是非ご自宅でこそ練習のために使用して、数こなしをしていただきたいです。

 









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。