パスティン先生って…




音名コマ(サイコロ版)追記で

補助教材、はじめてのギロックカバレフスキーを渡すと「五線譜が小さいから嫌!」という生徒がいる。

という事を書いたのですが。

バスティンに比べると、カラーではないし五線譜も小さく感じるみたいなのですね。。。
音名コマ(サイコロ版)の五線譜に比べたらギロックもかなり大きいので、今度そういう生徒がいたら「え?音名コマより大きいよ?」と言ってみようと思います。。どう出るかな。ワクワク←意外とこういうやりとりがツボです。予想外の返事が返ってくることが多くて。

さて。
補助教材を渡す時、「バスティン先生って親切ね~」と話すことが多いです。
「五線譜が大きくてみやすいよね」
「トンネル作るところでは、丸印までつけてくれてる」
「ポジションの鍵盤図も書いてくれてる」

結論。

「いい人や~(^-^)」

たいていこうなります。そして感謝しながらバスティンを弾くようになると。

しかし先日ウワテがいたのです。

「アキ先生の方がいい人だよ~」
彼女が指指したのは「うたとピアノの絵本

そう、たしかにデカイ。見やすい。
あの手書きの五線譜が肝だと思われるのです。

しかし「甘いな…」と私が出したのは、アキ先生の「4歳のリズムとソルフェージュ」でもなく、「リズムとソルフェージュ」でもなく「リズムの基礎

あまりの事に「なんじゃこりゃ」と見入ってました。

色んな反応があって面白いです。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。