ワダエミ衣装展に行ってきました

今年の黎明館。
忙しさにかまけ、何が来ているのか知らぬまま、「ワダエミの衣装展行かない~?」と誘われ、行ってきました。

おっと!山下清さんが来ていたのね!
小学校2年生の時に、横浜の東急百貨店で見たのをよく覚えています。
とっても素敵で絵葉書を買ってもらって、今も大切に持ってます(^-^)
ああ、懐かしい。とてもお勧めですので、子供さんと是非是非♪
そういえば指宿の方にも来ていたらしい、というウワサを聞きますね!

さて、ワダエミさん!
まぁ、洋服のことはほとんど分からない私ですが、HEROやLOVERSは結構好きな映画でして、実際に衣装が見られるとは感激!
特にHEROが好きですね。
基本的に歴史物が、中でも中国史はかなり好きなので、とても興味深く観たのを覚えています。

衣装全般でいえば、着物のワビサビを理解するにはまだまだ青い!ワタシです。
利休の衣装は、着物好きにはたまらないのだろうな。と。

青二才の私には、やはりHEROやLOVERSの布の感じや色がとても素敵だなぁ~
でもって、チャンツィー、えらい細いな!!と妙なところでも感動して参りました。。。
だって、あのウエストサイズ、異常ですって!!

音楽的にいくと、「トゥーランドット」の衣装。
私は何度か、アリア部分の伴奏を演奏しているのですが、プッチーニのですね、派手~な感じの。

ワダエミさんが衣装を担当されたのは、宮本亜門さん演出、音楽は久石譲さんがされています。
観てみたいな~と、衣装を見て思いました。とても色が効果的に使われていそうです。

そう、出口のところで、衣装を着て写真が撮れますよ~とスタッフの方が声をかけて下さったのです。
ですが・・・その衣装、「庶民」役の衣装なんですよ~(T T)
チャンツィーのは入らないけど、王女役の衣装とか、、、無理なんですかね。(無理だろう)
そんな訳で、遠慮して帰ってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。