ショパンコンクールin ASIA

2018年始まりまして、タイトルのショパンコンクールin ASIAが終わったら記事を更新しようと思っていたら、
アジア大会終わって、そのまま風邪・・・結構悪質な風邪で、レッスン以外は寝て2週間弱を過ごしました。

一昨日から、少しずつですが体力も気力も戻ってきて、軽いヨガも再開できて(フルエクササイズ70分はまだまだ出来ません・・・)
ブログを更新することができました。

ショパンコンクールin ASIA、鹿児島予選は10月の末でした。
年中さんが幼児コースで金賞
小学2年生が2名、金賞と銅賞を頂き、3名が1月4日・5日に横浜みなとみらいで行われた
全国大会に進出させていただきました。
年末ギリギリまで振替レッスンをし、元旦のみレッスンをお休みして、
でも出る3名は、正月返上で頑張って練習していました。

全国大会では、
年中の生徒さんが金賞で、アジア大会進出!
小学2年の生徒さん、一人の生徒さんは銅賞でアジア大会に!
もう1名は残念ながらここまででしたが、この生徒さん、おととしの1月に入会して自宅にピアノが届いたのが3月。
そこから3か月後に初コンペ、さすがに予選敗退でしたが、翌年には予選通過もし、そして今回ショパコン全国大会まで行けました。
ステップを一つ一つ、着実に進めてきていて、先が楽しみな生徒さんです。

アジア大会は1月13日、14日昭和音楽大学のラサーラスカラで行われました。
私もアジア大会の演奏を聴きたいと思い、1月12日に東京入りしました。
年中さんは、残念ながら入賞できませんでしたが、まさか年中でアジアまでいけると思っていませんでしたので、その頑張りに感動!
年中にして何という根性?お母様のサポートも素晴らしく、努力が出来るというのは大切なことですね。
そして小学2年の生徒さんが、アジア大会でも銅賞頂きました!!
本番は中間部が守りに入った演奏になってしまい結果が出るまで心配でしたが、入賞できて、これまでの努力に対して一定の評価が出てホッとしました。
それにしてもアジア大会、日本人ももちろんですが、海外参加者がとても個性的な演奏で楽しく、聴きに行って正解でした。
コンチェルトや高校生部門もとても楽しく、良い時間を過ごせました。

帰ってきて疲れと気が抜けたせいか風邪をひいたのですが、演奏した3名とも元気!
タフなことも大切ですね~反省しました。
来週は別のコンクールの鹿児島予選、再来週はバッハコンクールの全国大会と続きます。
バッハコンクール全国大会は、中学B、兄弟で通過させて頂いたので頑張って欲しいところですが・・・
この私の思いとお母様の思いが本人たちに伝わっているかな(笑)
曲も難しくて、今回もぐるぐると迷いながら唸りながら、最後までレッスンすることになりそうです・・・

この記事にコメントする

google検索

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン